ms273747の日記

チェンソー等修理の記録

ゼノアG3711EZ 整備

始動性が悪く、極端に切り曲がるそうです。

f:id:ms273747:20210115113348j:plain

f:id:ms273747:20210115113454j:plain

画像が悪いですが、ガイドバーが激しく片減りしています。

f:id:ms273747:20210115113602j:plain

この状態で真っ直ぐ切るのは不可能です。

f:id:ms273747:20210115113702j:plain

それなりの汚れはあるが本体には酷使された形跡なし、2008年製。f:id:ms273747:20210115113823j:plain

各パーツ洗浄完了。

f:id:ms273747:20210115113930j:plain

キャブ分解洗浄、フラムがどちらも硬化していました。

f:id:ms273747:20210115114137j:plain

キャブ取付け、ゼノア37シリーズの整備性はピカイチかも。

f:id:ms273747:20210115114301j:plain

洗浄したパーツ組み付け。

f:id:ms273747:20210115114408j:plain

始動性・アイドリング・高速良好、キチンと整備すれば新品同様。

f:id:ms273747:20210115114514j:plain

ガイドバー洗浄研磨、当分は反転させて使用。

f:id:ms273747:20210115114617j:plain

ガイドバーは掃除の都度、反転させて使うのが原則ですが、そもそも掃除や整備をしないのでお話になりません、ですね。

 

ひぐひぐのブログ

https://ameblo.jp/higuchikanamono/entry-12087809838.html

 

ゼノアG2551、修理ではなく掃除かも

始動不良で購入店へ持ち込んだけど、特に問題なしで返却されたとか。たまたま、始動してしまったようです。

持ち主立会でスタータを外したら、フライホイルや点火コイルが切粉のゴミ屋敷に埋まっていました。これではまともに火花が出ません。

f:id:ms273747:20210114153209j:plain

洗浄が大仕事でした。

f:id:ms273747:20210114153335j:plain

スタータを外したついでに洗浄&ロープ交換。

f:id:ms273747:20210114153447j:plain

ハウジングを洗浄してグリス補給。

f:id:ms273747:20210114153552j:plain

スタータロープはまだ使えたのですが強力タイプへ交換。

f:id:ms273747:20210114153705j:plain

キャブ分解洗浄、フラムがパリパリに硬化していました。割れていたプライマリポンプも交換。

f:id:ms273747:20210114153810j:plain

ゼノアはシンプルですがアクセルレバーに要注意です。

f:id:ms273747:20210114153922j:plain

点火プラグを新品に交換、新鮮な燃料で始動確認。

f:id:ms273747:20210114154030j:plain

始動性・アイドリング・高速、良好。

f:id:ms273747:20210114154128j:plain

使ったらせめてエアブロー程度は必須かもです。

 

ゼノアG3500EZ 燃料タンク交換 ほか

チェンオイル ダダ漏れで持ち込んできました。

f:id:ms273747:20210109184307j:plain

オイルタンクに亀裂あり。

f:id:ms273747:20210109184449j:plain

燃料タンクにも割れ、どうやら作業車から落としたようです。

f:id:ms273747:20210109184553j:plain

針金やビニテで補修してあるので状態の良い中古と交換します。

f:id:ms273747:20210109184734j:plain

交換用タンク。

f:id:ms273747:20210109184823j:plain

タンク取り外し。

f:id:ms273747:20210109184931j:plain

f:id:ms273747:20210109185035j:plain

途中の画像はありませんが、燃料タンク交換完了。

f:id:ms273747:20210109185255j:plain

試運転良好ですがバー・チェンの状態がイマイチ、交換したいところですが持ち主次第です。

f:id:ms273747:20210109185406j:plain

 

こんな迷惑メールが来ました、充分ご注意下さい。

Аmazon お客様
 
日頃は、Amazon をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
お客様のアカウントは強制停止されています - アカウントで不審なお支払いが検出されました。
取引注文を防ぐために、個人情報を確認する必要があります。
 
なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

概要
処理日
2020年1月9日  4:50:4  JST
ご請求金額
¥ 262,622 (税別)
お支払い方法
 
クレジットカード
Amazon Pay注文番号
P21-0621946-2977253
販売事業者お問い合わせ先
Apple Store
info@apple.com
 
販売事業者ご注文番号
6-05116747
 

サポート
注文の詳細は、Amazon ページ上部より、Amazon Pay にサインインをクリックしてご確認ください。
ご注文状況や請求内容に関するお問い合わせはApple Store(info@apple.com)にお問い合わせください。
ご注文に関するトラブルは、購入者向けAmazonマーケットプレイス保証の対象になる可能性があります。

共立CSE2700②

付属のガイドバーアウト、常用している同型バーと比較。

f:id:ms273747:20210107155453j:plain

25APゲージ幅050ですが、画像下側バーの溝が偏摩耗して広がっています。外れて脚が潰れたチェンを無理に使った結果です。

f:id:ms273747:20210107155624j:plain

こうなってしまうとチェンがバーで直立しないので、切れない・切り曲がる・材に挟まれる等で使えません。このバーは廃棄です。

f:id:ms273747:20210107155801j:plain

CSE2701で数年以上使っているガイドバーです。

f:id:ms273747:20210107155908j:plain

ソーチェンを絶対に外さない使い方はありませんが、外れ憎くする方法はあります。

ソーチェンをキッチリ張る。

②切断中にアクセルを緩めない。

③ガイドバーの先端部は使用しない。

④常に切れる刃を使う。

➄チェンオイルを多めに出す。

 

整備ついでにスタータロープ交換、太さ2.8㍉を選択。少し長く巻けるので引きちぎりを防げます。

f:id:ms273747:20210107160214j:plain

スタータハウジングを洗浄してグリスアップ。

f:id:ms273747:20210107160320j:plain

f:id:ms273747:20210107160503j:plain

手持ちのハードノーズをセット。

f:id:ms273747:20210107160627j:plain

ソーチェンも交換しました。

f:id:ms273747:20210107160730j:plain

現場では予備のソーチェン又は予備機が必須かもです。

https://ms273747.hatenablog.com/entry/20200105/1578211728

https://ms27374757.hateblo.jp/entry/46915844

 

共立CSE2700落札 2021年の運試し

落札額:6,325円、佐川送料:1,950円、計:8,275円。

『出品画像2枚』

f:id:ms273747:20210106171227j:plain

f:id:ms273747:20210106171303j:plain

 

2021年初荷?本日到着。

f:id:ms273747:20210106171448j:plain

中古としては外観良好、欠品なし。

f:id:ms273747:20210106171618j:plain

クラッチ周り無傷。

f:id:ms273747:20210106171723j:plain

ピストン良好。

f:id:ms273747:20210106171821j:plain

スパーの摩耗問題なし。

f:id:ms273747:20210106171927j:plain

キャブ室も良好。

f:id:ms273747:20210106172124j:plain

新鮮な混合燃料を給油して試運転。

f:id:ms273747:20210106172233j:plain

なんにもしないで快調に稼動、オイル吐出もOK。

f:id:ms273747:20210106172427j:plain

2021年、先ずは順調にスタートしたようです。

 

人の移動を止めても東京五輪は雲散霧消かも

https://www.afpbb.com/articles/-/3324128

 

エコーGC302キャブ交換ほか

初爆はあったけど続かないと持ち込んできました。

キャブ詰まりの簡単修理に見えたので、持ち主立会でキャブをバラしたら水飴状にゲル化した燃料でキャブが完全にアウト。

f:id:ms273747:20201230164411j:plain

f:id:ms273747:20201230164515j:plain

燃料タンクへ混合燃料を入れた状態で数年間放置したようです、キャブ詰まりの典型です。ここまで固化すると洗浄作業は時間の無駄です。運良くジャンクから外した適合品があったのでキャブ交換。使える状態に修復完了。

f:id:ms273747:20201230164614j:plain

f:id:ms273747:20201230164738j:plain

 

当地、市役所窓口職員のコロナ感染が判明、見えざる中華ウィルスが身近に迫ってきた感覚があります。

人が動けばウィルスも動く』を無視してGO TOを強行した、ガースーのスカスカ政権による後手後手無策の責任は重大です。

 

生駒神社の杉伐採

鳥居と杉の隔間が台風でも来たら危ないほど狭くなってきたので除伐。晦日に予定していたが、どうやら年末の天候が怪しいので本日実施。

f:id:ms273747:20201224155411j:plain

f:id:ms273747:20201224155531j:plain

f:id:ms273747:20201224155747j:plain

500kgの小型チルホールをダブルラインにして使用。

f:id:ms273747:20201224155911j:plain

立木の重心移動が目的なので引きしろは2~3mもあれば充分。

f:id:ms273747:20201224201050j:plain

チルホールはアンカーがキモ、補助ワイヤー3本で安全な距離を確保。

f:id:ms273747:20201224160011j:plain

単独作業なので追い弦切りを選択。

f:id:ms273747:20201224160125j:plain

ワイヤーの張りを確認、軽トラを安全な場所へ移動してから、後ろ弦を切り離し。

f:id:ms273747:20201224160252j:plain

隣りの杉に掛かりそうになったがチルで無事引き倒し。

f:id:ms273747:20201224160444j:plain

254XPG絶好調でした。

f:id:ms273747:20201224160616j:plain

一本だけですが素直な杉なので山枯らしにします。

f:id:ms273747:20201224160813j:plain

動滑車で倍力にするとチル引きが圧倒的に楽チンです。

伐採現場で延長ワイヤーを数本接続して、先端へ動滑車を付けてチルホールをセットするとベテラン山師は一様に怪訝な顔をします。滑車は方向変更に使うもんだの固定観念が先行するようです。そんな空気を無視してチル引きを任せると牽引の軽さに驚かれます。時には発想転換も必要です。

f:id:ms273747:20201224160940j:plain

神社へ参拝してから撤収しました。

f:id:ms273747:20201224161048j:plain

オマケです。

f:id:ms273747:20201224161151j:plain

 

ハスクバーナ246XPG ヒーター不良他

今年4月に譲渡した246XPGがGヒーター不良等で帰還。

https://ms273747.hatenablog.com/entry/20200419/1587282462

ガイドバーがボロボロ、切断中にアクセルを緩めた典型的な摩耗です。チェンソーは使い方が悪いと隠しようが無い痕跡が残ります。

f:id:ms273747:20201219152141j:plain

f:id:ms273747:20201219152224j:plain

f:id:ms273747:20201219152306j:plain

f:id:ms273747:20201219152355j:plain

サンダーで丹念にバリを除去、何とか使えるように整形。4月には新品同様だったバーがここまで傷むとは、使い方が下手くその極みかも。

f:id:ms273747:20201219152450j:plain

Gヒーターはフライホイル内側の発電器断線でした。フライホイルを外して接続、本体に無用の衝撃を与えすぎです

f:id:ms273747:20201219152719j:plain

f:id:ms273747:20201219152808j:plain

バー先端部の塗装剥がれは危険な使い方の明白な証拠です。これではキックバックを起こします。

 

チェンソー2つの3原則

使用者の3原則』、機械の寿命に直結します。

◎アクセル全開で使う

◎切れる刃を使う

◎使ったら掃除をする

本体の3原則』、2ストエンジンはこの3点だけです。

◎良い圧縮

◎良い燃料

◎良い火花

これらはチェンソー使いの基本中の基本です、最近の山師と呼ばれる人種はここが出来ていません。だから簡単に壊します。

 

ハスクバーナ254XPG不調

今年の一月に譲渡した254です。

https://ms273747.hatenablog.com/entry/20200130/1580379476

何故かスタータやクラッチカバーがオンボロに付け替えられて帰ってきました。始動性が悪くGヒーターが効かなくなったそうです。

どうやらノーメンテで酷使した形跡があります。

f:id:ms273747:20201218161231j:plain

f:id:ms273747:20201218161318j:plain

f:id:ms273747:20201218161407j:plain

f:id:ms273747:20201218161523j:plain

クラッチカバーを外してビックリ!!!これでは壊して当然。伐採中にアクセルを緩めるとこうなります。ど素人の使い方です。

f:id:ms273747:20201218161734j:plain

フライホイルとスタータをエアブロー。

f:id:ms273747:20201218162127j:plain

安い潤滑油を吹き付けてエア洗浄、この潤滑スプレーは使えます。

f:id:ms273747:20201218162237j:plain

キャブ周りを洗浄して稼動確認、Gヒーターも復活していました。

f:id:ms273747:20201218162412j:plain

掃除だけで絶好調に変身。『チェンソーは使ったら掃除が鉄則』

f:id:ms273747:20201218162506j:plain

ノーメンテで同じ故障を繰り返すので、掃除も出来ないなら『出禁』を通告しました。チェンソー経験30年以上が泣きます。

 

使用者責任の故障要因 ワースト9

①混合燃料に無頓着

いつ混合したのか分からないような古い燃料や、入れっぱなしの燃料、DIY店で買った缶入り混合燃料を平気で使う

②掃除や整備をしない、使いっぱなしは故障の最大原因

③ボロボロの刃を平気で使う

④刃を材に当ててからアクセルを開けている

⑤連続高負荷運転でエンジンがチンチン状態でスイッチオフ

⑥無用の空ぶかしが多い

⑦不調になっても動かなくなるまで使い続ける

⑧調子の良い機体を中途半端にイジリまわす

⑨熱価の違う点火プラグを使っている

 

これでも故障?ハスクバーナ242xp

数年前に譲渡した242xp、ソーチェンを新調して使おうとしたが『全く掛かる気配が無い』と持ち込んできました。

珍しく内外装を洗浄してありました。

f:id:ms273747:20201215164634j:plain

f:id:ms273747:20201215164719j:plain

f:id:ms273747:20201215164813j:plain

プラグを外してビックリ、ギャップがカーボンで短絡していました。これでは絶対に始動しません、プラグを交換して終了。心配なのでタンクの燃料は廃棄、新鮮な混合燃料で始動確認、問題なし。

f:id:ms273747:20201215164902j:plain